OFFSET(表から欲しい値を取得する方法 #2)

OFFSET

VLOOKUPに続き、今回は「OFFSET」
関数の名称は知っていても、何かと設定する引数を忘れる事が多いので記載、私だけではなく玄人でも稀に忘れる事もあるのではないでしょうか!?
という事で取得方法の備忘録を作成。

使う関数について(OFFSET)

関数とハサミは使い様、ということで用途によって関数は使い分けます。

■OFFSET
=OFFSET(セル参照, オフセット行, オフセット列, [高さ], [幅])

・セル参照 : 基準とするセルの位置を指定します。

・オフセット行 : 基準とするセルの位置から、n行目か指定します。
※0は基準のセルの行になります。

・オフセット列 : 基準とするセルの位置から、n列目か指定します。
※0は基準のセルの列になります。

・[高さ] : 複数セルを取得したい場合に使います。n行範囲に入れるか指定します。

・[幅] : 複数セルを取得したい場合に使います。n列範囲に入れるか指定します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク